上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真夏のような陽気かと思えば今夜からまた冷え込み始めまして明日の朝は寒くなるそうな・・・
体が気温の変化に対応できず風邪などひかないようにしましょう。

さて先日の土日ノルラン、ちょっとお泊り温泉旅行に出かけました。
子供達や小姫はお留守番で・・・お気楽に温泉を楽しんできました。

普段小姫のお世話は基本的にノルランの仕事なんですがまぁこんなときは子供達に小姫のお世話もお願いして出かけたのでした。
朝晩のご飯とお水の取替えおトイレの掃除がまぁだいたい毎日の日課なんですよね。

そして夜はいつもノルランと寝ている小姫は夜中は一人じゃ眠れません。
というわけで息子が一緒に寝てくれたそうです。

土曜の夜は携帯のメールを使って息子にメールをして小姫にご飯あげてくれたかどうか
確認!
「ちゃんとあげたよ!!」という返事、よしよし、ちゃんとやってくれてるじゃん!!

そして日曜日の午後2時半ごろ楽しい温泉旅行から帰宅・・・
「小姫~ただいま~~」
小姫は「ニャ~ン・お帰り~スリスリ・・・」なんて元気に出迎えてくれたのでした。

そして夕飯時・・・小姫にいつものようにご飯をあげるとき何気に子供達に「今朝は誰が小姫にご飯あげてくれたの?」と聞いてみた・・すると・・・
息子・娘「・・・・・」  
  娘 「お兄ちゃんあげてくれたよね?」
  息子「俺やってないよ、お前(娘に向かって)やったんじゃねーの?」
  娘 「え?私お兄ちゃんがあげたと思ってあげてないよ・・・」

ノルラン「え~??じゃなに?今朝は誰も小姫にご飯あげてないってこと??」
 一同 「・・・・・(しばし沈黙・・・)」

みんな我にかえり「ごめんね~小姫~ご飯もらってなかったんだね~~、ほんとゴメンネ~~~」

そうにゃり~やっとみなさん気づいてくれたにゃりね~お腹すいてたニャリ~~早くご飯ください・・・2011-10-18 11.29.59

ほんとにもう~小姫に申し訳なく・・・・かわいそうなことをしてしまいました。
言葉が話せない小姫は訴えることもできずひたすら誰かが気づいてくれることを待っていたのでした。
このあとさっそく晩ご飯をいつもよりちょっと奮発気味にあげました、するといつもより
ガツガツ食べていたような気がしました。
もちろんお腹がすいていたんですよね。

子供達には「あんたたち虐待とおんなじやで~他人任せにしてるからそんなことになるんだからね!!
与えられた仕事はもっと責任を持ってちゃんとやること!!」とお灸をすえてやりました。

無責任な子供達のお陰でとんだ悲劇に遭遇した小姫でした。

いつも応援ありがとうございます。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIX洋猫へ
にほんブログ村
     
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noruran.blog62.fc2.com/tb.php/559-3c7d7fcc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。