上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も残すところ10日を切りましたね。この1年、みなさんにはどんな1年だったでしょうか?
特別変わった事はなかったとか・・・不景気のあおりを受けて人生の転機が訪れたとか・・・
そのほかいろいろな1年をそれぞれに送ったでしょうね。

私の1年・・・何といっても家族が増えたこと、といっても猫さまですが・・・
去年の今頃は猫を飼おうなんて考えてもいませんでした。年が明けてお正月も終わった頃ふっと「猫飼いたくない?」と家族に持ち掛けました。突然の発言に一同「え~~なんでまた?」私も特に理由はなく「なんとなく~」(ちなみに私は猫を飼った経験もあり猫は昔から好きでした。)でも動物を飼ったことのない子供たちは「飼ったみたい!」とすぐに乗り気になりました。「飼うからには最後まで責任を持って飼う事。そして生き物だからどんなにかわいがってもいつかはお別れする日が必ず来るという事。」を子供たちにお話して猫を譲っていただける方を探すことにしました。

私的には子供たちにも動物と生活するという経験から優しい心を養ってほしかった。そんな思いもありました。
でもなかなか猫を譲ってくれる人ともめぐり合えず野良猫とさえ出会えませんでした。
欲しいときには見つからないものだな~と実感しました。

そんなある日新聞の読者のページで「猫を譲ります。オスとメスがいます。」という記事を見つけました。もう迷っていてはまた誰かのところにいってしまうと思いすぐに電話で連絡してみました。
幸いまだもらい手はついていないとの事。それから数日後に連れてきてくださったのが「ラン」でした。
実はこのとき私はオスを希望しました。でも先方さんはなぜかメスのほうを勧めてきました。
「毛が長い子でとっても器量良しでキュートな女の子だから一度見てください」といわれました。「見てみて、万が一どうしてもお気に召さなかったらオスの子をつれてきますと・・・」(オスの子は普通の和猫で雑種だとか・・)

でもランを見たとき「なんて毛の長い子なんだろう、この子は和猫ではないな~洋猫だ!」と思いました。そしてかわいい小さな声でニャーニャーと鳴きました。正直私は普通の和猫で十分だと思っていたのでちょっと驚きましたがきっとこの子は「うちに来るべくしてきた子なんだ、運命の出会いだ!」と思い「この子を譲ってください」といいました。

こうして念願の猫を迎え入れました。2009年1月28日の出会いでした。
2009年のスタートでした。

うちに来た次の日の1月29日のランです。

2009012920550000.jpg
ぽちっとお願いします。励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noruran.blog62.fc2.com/tb.php/96-65900900

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。